プロバイダ比較

GMOとくとくBB WiMAXの口コミ評判を徹底調査!キャッシュバックの注意点とスペックをわかりやすく説明!

投稿日:

WiMAXの中で最も人気が高く、安さに定評があるGMOとくとくBBWiMAX

実際にはどうなんでしょか?

お得な部分が多いですが、契約年数やキャシュバックなど契約にあたって注意すべき点もあります。

今回GMOとくとくBB WiMAXの口コミ評判を徹底調査し、キャッシュバックの注意点とスペックをわかりやすくご紹介していきます。

正しい知識をつけて自分に合った契約方法を考えていきましょう。

 

GMOとくとくBB WiMAXとは?

概要

細かいスペックや注意点の前に、ざっくりと全体像を解説します。

GMOとくとくBB WiMAXの基本情報
運営会社 GMOインターネット株式会社
月額料金 3,609円~
違約金(最低) 0円(契約満了翌月or契約から8日以内)
違約金(最高) 24,800円(初月~24ヶ月目)
支払い方法 クレジットカードのみ
初期費用(事務手数料) 3,000円
開通までにかかる日数 最速即日発送(条件あり)
契約プラン 別の表をチェック

GMOとくとくbb WiMAXは、東証1部上場企業である「GMOインターネット株式会社」が運営しているので、近年乱立している新興企業より安心感があります。

他社と比べて月額料金がかなり安いのに即日発送されるので、うまく行けば申し込んだ翌日にはインターネットが開通するというメリットがあります。

GMOとくとくbb WiMAXの契約プランは、大きく分けて「キャッシュバック有り」と「キャッシュバック無し」に分けられます。キャッシュバック無しを選択した場合には、さらに細かく「2年契約」と「3年契約」を選択することになります。

キャッシュバックの有無 契約年数 通信量
キャッシュバック有り 2年契約 ギガ放題プラン(通信量無制限)
通常プラン(通信量7GBまで)
キャッシュバック無し 2年契約 ギガ放題プラン(通信量無制限)
通常プラン(通信量7GBまで)
3年契約 ギガ放題プラン(通信量無制限)
通常プラン(通信量7GBまで)

特徴

  • 最速翌日開通
  • 月額料金が安い
  • 最新端末も貸出料金無料!

申し込んだタイミングの在庫状況によりますが、端末の発送が即日(申し込んだ日)になります。即日発送が可能かどうかは公式サイトの即日発送詳細ページで確認してください。

設定を行えばすぐに使えるので、翌日に届く地域であれば申し込んだ次の日にインターネットが開通するんです!

開通までの期間が短いだけでなく、料金のトータル金額が安いのもGMOとくとくbb WiMAXの特長です。

端末の貸出料金も月額料金に含まれているので、「よく分からない請求で実は値段が高かった」なんてことがありません。

注意点

  • 支払いはクレジットカードのみ
  • 2or3年契約のみ
  • 11ヶ月目まで待たないとキャシュバックが受け取れない

料金面や開通までの期間では大きなメリットが見られるGMOとくとくbb WiMAXですが、支払い方法やキャッシュバックなどには注意が必要です。

支払い方法はクレジットカードしか選べないので、クレジットカードを持っていない人は契約できません。

また、契約期間が2年or3年で期間内に解約すると違約金が発生してしまいます。1年以内など短期間で解約するかもしれない人は、違約金まで計算して契約するべきか考えてください。

高額なキャッシュバックが魅力的なGMOとくとくbb WiMAXですが、契約から11ヶ月目まで待たないとキャッシュバックを受け取れないという弱点があります。半年以上待たなくてはいけないので、多くの人がキャッシュバックの存在を忘れがちです。

 

GMOとくとくBB WiMAXの料金・スペックについて

速度

最大通信速度(メーカー公表値)
下り 440Mbps
上り 30Mbps

GMOとくとくBB WiMAXの速度は、爆速でもなく鈍足でもない『少し速い部類』に入ります。もちろん、この最大速度は「理想的な環境での速度」なので、実測値では100Mbps以下になることがほとんどです。

しかし、5Mbpsもあれば最も重い通信である「動画視聴」にも耐えられます。普通に使っている限り、遅くてイライラすることは無いでしょう。

上りの速度に関しては、YouTubeに動画を投稿する人やFPS系のオンラインゲームを楽しむ人だけ気にすればOKです。SNSや動画視聴がメインの人は全くと言っていいほど関係ありません。

少しでも通信速度を速くしたいという方は、端末と同梱されているクレードルを使ってみてください。クレードルにはアンテナ拡張機能が備わっているため、電波の受信感度がアップして通信速度が多少上がります。

また、WiMAXからスマホやPCに飛ばす電波の強度も上げてくれるので、広い家に住んでいる方や複数台のスマホを接続する人はクレードルが必須です。

料金

  • ギガ放題プラン:毎月どれだけ通信量を使っても通信速度制限無し
  • 通常プラン:月の通信量が7GBを超えると通信速度制限有り
月額料金(キャッシュバック無し)
ギガ放題プラン(通信量無制限) 月額2,170円~
通常プラン(通信量7GBまで) 月額2,170円~

GMOとくとくBB WiMAXには選べるプランが、「ギガ放題」と「通常プラン」の2種類あります。

一見すると「同じ月額料金ならギガ放題を選ぶべき」だと思ってしまいがちです。

しかし、ギガ放題プランは3ヶ月目以降の料金が通常プランより570円高くなり、37ヶ月目以降は654円高くなります。

そのため、少しでも月額料金を安く抑えたいのならば、通常プランを選ぶのもアリなんです。

違約金

GMOとくとくBB WiMAXは、解約する際に違約金が発生することがあります。

ただし、端末を受け取ってから8日以内、申し込みから20日以内(条件有り)、契約期間が満了する月は違約金がかかりません。

違約金が発生しないタイミング
端末受取8日以内 0円
申し込みから20日以内 0円(条件有り)
2年契約 25ヶ月目・49ヶ月目…
3年契約 37ヶ月目・73ヶ月目…

特に端末受け取りから8日以内は、「初期契約解除」という利用者を守る法律により、いかなる理由であっても違約金がかかりません。本当にどんな理由でもOKです。

  • 電波が想像よりも悪かった
  • 貸出端末がイマイチだった
  • WiMAXが必要なくなった
  • なんとなく

申し込みから20日以内の解約は、下記の条件を満たした場合のみ違約金がかかりません。(契約月の日割り月額料金と翌月の料金は発生)

  • エリア判定が○である
  • 申し込みから20日以内である
  • お客様センターに「20日以内の返品」と連絡
  • 端末が20日以内にGMOとくとくBBに到着

20日以内の解約は、「電波が入りやすい地域なのに使ってみたら悪かった」という人が対象になっていると言えるでしょう。条件が結構厳しく、違約金がなくても翌月の料金もかかってしまうため、実際に解約する人は少ないかと思います。

2年契約・3年契約、それぞれの違約金の詳細は下記の通りです。

2年プランの違約金早見表
解約月 違約金
端末受取月(初月) 24,800円
1カ月目~24カ月目 24,800円
25カ月目 0円 (更新月)
26カ月目~ 9,500円
3年プランの違約金早見表
解約月 違約金
端末受取月(初月) 24,800円
1カ月目~24カ月目 24,800円
25カ月目〜36ヶ月目 9,500円
37カ月目 0円 (更新月)
38カ月目~ 9,500円

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックについて

キャッシュバック金額

キャッシュバック金額
端末 2年契約
W05 41,000円
W05クレードル付き 37,500円
WX04クレードル付き 40,000円
L01s 37,000円

キャッシュバック金額は選択する端末によって上下しますが、大きな差は無いのでキャッシュバック金額を気にせず、自分の使い方に合った端末を選んでください。

家の中と外出時の両方で使う予定があるなら「W05クレードル付き」、家の中でしか使わないのであればルーターとしての能力が高い「L01s」を選ぶのがオススメです。

キャッシュバックを受け取る方法とタイミング

  • 受け取り月から11ヶ月目
  • 案内メールに従う

キャッシュバックは、契約後すぐにもらえるわけではありません。端末を受け取った月を1ヶ月目として、そこから11ヶ月目にやっと受け取ることができます。

11ヶ月目になると、GMOとくとくBB専用のメールアドレス(契約に必要なメールアドレスとは別の特殊なメールアドレス)に振込口座を指定するための案内メールが届きます。

案内メールに従って必要情報を入力することで、やっとキャッシュバックを受け取る権利を得られるのです。

もらい忘れを防止する方法

  • メールの転送設定をしておく
  • 目立つ場所にメモを残す
  • 手帳に書き残す
  • スマホのカレンダーに登録する

契約してから11ヶ月という長い期間が経過してしまうので、ほとんどの人がキャッシュバックの存在自体を忘れてしまいます。

また、キャッシュバックの案内メールは、GMOとくとくBB専用のメールアドレスにのみ届きますので、見逃す可能性が非常に高いです。メールの見逃し対策として、メールの転送設定をしておきましょう。詳しい手順は公式サイトの解説ページをチェックしてください。

メールの転送設定をしていても、メールを開く習慣が無い方や中身を確認せずに削除してしまう方は、家のどこか目立つ場所にメモを残しておきましょう。毎日使う手帳にメモしてもいいですし、スマホのカレンダーに予定として登録しておくのもオススメです。

GMOとくとくBB WiMAXのプラン比較

2年契約と3年契約を比較!

キャッシュバック無しで比較してみましょう。

契約年数別の料金比較表
契約年数 通信量 月額料金(36ヶ月目までの平均)
2年契約 ギガ放題プラン(通信量無制限) 3,608円
通常プラン(通信量7GBまで) 2,991円
3年契約 ギガ放題プラン(通信量無制限) 3,199円
通常プラン(通信量7GBまで) 2,661円

表を見てもらうと分かるように、通常プランよりギガ放題ブランのほうが安く、2年契約より3年契約のほうが安くなっています。

分かりやすく月額料金の平均で算出しているので、一番高いプランと安いプランの差が約1,000円に収まっていますが、36ヶ月の総額で算出すると34,000円の差があります。

できるだけ安く使いたいのならば3年契約の通常プラン、他社に乗り換える可能性もあるのならば2年契約のどちらかを選ぶのが賢い選択と言えるでしょう。

ギガ放題プランと通常プランの違い

ギガ放題プランは、月のデータ通信量に制限がありませんので、通信量を多く使う動画視聴に向いているプランです。また、たくさんの画像を読み込む必要があるInstagramも通信量が多くなりやすいので、Wi-Fiが無い場所で毎日のようにInstagramを長時間楽しんでいる人は、ギガ放題プランを選びましょう。

通常プランは、月のデータ通信量が7GBを超えてしまうと、通信速度が128kbpsに制限されてしまいます。俗に言う「通信制限」です。この128kbpsという速度は、一般的なスマホの通信制限と同じなので、画像があるページの読み込みに時間がかかり大きなストレスを感じます。動画視聴は無理と言って良いでしょう。

WiMAXを使ってたくさんの動画を見たい人は、間違いなくギガ放題プランがオススメです。

スマホが通信制限を受けてしまった際の予備としてWiMAXを持ちたい人は、通常プランを選んで月額料金を少しでも安く抑えましょう。

キャッシュバックの有り無しを比較!

GMOとくとくBB WiMAXを契約する方のほとんどが選ぶ「ギガ放題プラン」で比較してみましょう。

キャッシュバック有り無し比較表
キャッシュバック無し キャッシュバック有り
1~2カ月目 2,590円 3,609円
3~24カ月目 3,344円 4,263円
キャッシュバック金額 0円 41,000円
24ヶ月間の合計 78,748円 52,786円
24ヶ月間の平均 3,281円 2,295円

毎月支払う月額料金は、キャッシュバック有りのほうが高くなりますが、キャッシュバックされる41,000円を考慮して計算すると、キャッシュバック有りのほうがかなり安くなることが分かります。

ただし、キャッシュバックをもらうことを忘れてしまうと、24ヶ月間の合計金額が22,256円高くなってしまうので注意が必要です。

キャッシュバックを絶対に忘れない自信がある方は迷わずキャッシュバック有りのプラン、忘れてしまいそうな人はキャッシュバック無しのプランを選びましょう。

GMOとくとくBB WiMAXのメリット・デメリットまとめ

メリット

  • 月額料金が安い
  • キャッシュバック金額が多い
  • 最速で翌日開通
  • 最新の端末を無料で使える

月額料金が安いうえにキャシュバック金額も多いので、一般的なWiMAXに比べて安く使うことができます。開通までにかかる時間も、端末の即日発送によって最速で翌日開通という驚きの速さを誇ります。また、2018年に発売されたばかりの最新端末を貸してもらえるので、通信の快適性にも不安はありません。

GMOとくとくBB WiMAXは、「速い・安い・快適」の三拍子揃った非常に評価の高いWiMAXと言えますね。

デメリット

  • 11ヶ月待たないとキャッシュバックを受け取れない
  • 口座振替が使えない
  • 2年or3年契約のみ

キャッシュバック有りのプランを選択した場合、11ヶ月目にキャッシュバックの受け取りを忘れるというリスクがあります。キャッシュバック有りと無しのプランには、そこまで大きな金額差は無いので、忘れそうな人はキャッシュバック無しを選ぶことでリスクを避けられます。

ある意味最大のデメリットと言えるのが、支払いにクレジットカードしか使えないという点です。クレジットカードを持っていない方は、今後の改善に期待するしかありません。

契約年数が最短でも2年しか選べないので、2年経たないと解約時の違約金が0円にならないところも気になります。ただ、他社のWiMAXも最低契約が2年に設定されているので、GMOとくとくbb WiMAXだけが悪いわけではありません。また、スマホや光回線の契約でも2年契約が一般的なので、そういった意味でも「普通」ですね。

GMOとくとくBB WiMAXの口コミ

いい口コミ

WiMAXを選ぶ際に重要な「料金」と「速度」については、良い口コミが多く見られました。

悪い口コミ

電波が入りにくいことを嘆いているユーザーがいましたが、ほとんど「田舎だからかな?」という懸念付きでした。WiMAXは日本全国を広範囲でカバーしていますが、どうしても電波が入りにくい地域が存在します。契約前にエリア判定をチェックしておけば、このようなデメリットを受けることは無いので安心してください。

キャッシュバックを受け取り忘れてしまい損をした、という口コミが多く見られました。忘れてしまわないようにもらい忘れ防止対策をしておくか、キャッシュバック無しのプランを選んでおけば心配ありません。

GMOとくとくBB WiMAXの契約の流れ

利用開始までの大きな流れは下記のようになっています。

  1. エリア判定の確認
  2. ネットor電話で申し込み手続き
  3. 端末受け取り
  4. 初期設定
  5. 利用開始

2番目の「ネットor電話で申し込み手続き」が少しだけ難しいので、詳しく解説します。(電話での申し込み手続きは、オペレーターとのやり取りなので省略します)

  1. 端末を選択
  2. 契約プランを選択(ギガ放題or通常プラン)
  3. 端末の色を選択
  4. 端末保証プランを選択
  5. 個人情報を入力
  6. 支払い情報を入力(クレジットカード情報)
  7. 発送方法を選択
  8. 入力内容を確認
  9. 申込み完了

はじめてWiMAXを使う人だと、何を選択したらいいのか分からない項目をピックアップして解説します。

1.端末を選択

基本的には「端末を持ち運ぶかどうか」で端末を選びます。自宅に据え置きで使用する場合には「HOME L01s」、持ち運ぶ場合にはそれ以外といった選び方です。

持ち運び用の端末は3種類から選べますが、それぞれ性能やキャッシュバック金額が違うので自分に合ったものを選んでください。

キャッシュバックの有無 端末の種類 発売年 最大速度
キャッシュバック有り W05 2018年1月 758Mbps
WX04 2017年2月 440Mbps
キャッシュバック無し WX05 2018年11月 440Mbps
W05 2018年1月 758Mbps
WX04 2017年2月 440Mbps

キャッシュバック有りの場合は、新しく通信速度も速い「W05」がオススメです。

キャッシュバック無しの場合は、通信速度を優先するなら「W05」、最新機種が欲しいなら「WX05」を選びましょう。

2.契約プランを選択

  • ギガ放題プラン:毎月どれだけ通信量を使っても通信速度制限無し
  • 通常プラン:月の通信量が7GBを超えると通信速度制限有り

WiMAXを使って動画を視聴する予定があるならば「ギガ放題プラン」、それほど通信量を使わないのであれば「通常プラン」を選びましょう。

4.端末保証プランを選択

料金 保証内容
安心サポート 月額300円 故障修理が無料
安心サポートワイド 月額500円 水濡れを含む故障修理が無料

安心サポートを選択した場合には、水濡れによる故障は保証対象外になってしまいます。WiMAXを雨の日に持ち運ぶ場合、カバンに入れておいても濡れてしまう可能性があるので、心配な方は安心サポートワイドを選択しましょう。

7.発送方法を選択

  • 通常発送:通常4営業日以内に発送
  • 即日発送:最短即日発送

即日発送は平日15時30分までの受付で選択可能で、時間に間に合わない場合でも翌日発送になります。

通常発送と即日発送のどちらを選んでも配送は無料なので、即日発送が選べる場合は開通が早い即日発送を選びましょう。

GMOとくとくBB WiMAXのまとめ

  • 料金が安い!
  • 開通が早い!
  • 速度も期待できる!
  • キャッシュバックの受け取りだけ要注意!

GMOとくとくBB WiMAXは、キャッシュバックの受け取りを忘れなければ、あらゆる面で魅力的なWiMAXです。

WiMAXに多くの種類があり過ぎて迷っている方は、ぜひGMOとくとくBB WiMAXを選んでみてください!

-プロバイダ比較
-,

Copyright© WiMAX比較完全ガイド 第6版 , 2018 All Rights Reserved.